登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ガン進行の阻止に有効策が明らかに 日本人のデーター分析で

© Fotolia / Spectral-Design3D-изображение раковой клетки
3D-изображение раковой клетки - Sputnik 日本
フォローする
体内のビタミンDの蓄積度が高い場合、ガンの進行は阻止される可能性がある。科学ニュースに関する英字ポータル「Eurekalert」が報じた。

スプートニク日本

国際的な研究者グループは、日本で16年間以上にわたって集められた、年齢が40歳から69歳までの3万3千人を超す血液サンプルおよび食事習慣、生活様式、家族のガン罹患歴のデーターを分析した結果、こうした帰結に達した。

がんワクチンの臨床実験に成功 しかし条件は非常に厳しい - Sputnik 日本
がんワクチンの臨床実験に成功 しかし条件は非常に厳しい
年齢、体重、どれほど体を動かしているか、酒タバコの頻度といった要因を加味した場合、ビタミンDの体内蓄積率が高い人は、男女の別なくガンの罹患率が20%低いことが分かった。

Eurekalert」によると、研究者らは、今回の研究は分析した血液サンプルが多いことと観察の期間が16年と長いことから、信憑性が極めて高いと語っている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала