登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国が対中国産食品への輸入関税導入なら報復は必至 中国が反発

© AFP 2021 / Nicolas Asfouri 米国が対中国産食品への輸入関税導入なら報復は必至 中国が反発
米国が対中国産食品への輸入関税導入なら報復は必至 中国が反発 - Sputnik 日本
フォローする
中国外務省のルー・カン公式報道官は、米国が中国産の食料品に輸入関税を導入した場合、中国は報復措置をとるとの声明を表した。

スプートニク日本

Министр экономики Японии Хиросигэ Сэко - Sputnik 日本
日本、米に「強く求める」方針 鉄鋼アルミ輸入制限問題
これより前、米大統領補佐官らは中国産の食料品にターゲットを絞った輸入完全の導入案が用意されていることを明らかにしていた。中国産食料品によって米国経済が蒙りうる損失額は、米国側の試算では300億ドルとされている。

ルー報道官はブリーフィングで「我々は、いかなる一方的な保護貿易主義的措置にも断固として反対していくと幾度も強調してきた。もし米国が我々の国益に損失を与える決定を最終的にとった場合、当然のことながら中国側も自らの権利を擁護するために必要な措置を講じる」と述べた。

中国産食料品への輸入関税導入について米国は、自国メーカーの知的財産権を中国が侵したことへの報復措置と説明している。

今月1日、トランプ米大統領は、アルミニウムと鉄鋼の輸入に対する関税の導入を予告している。輸入関税率は鉄鋼が25%、アルミニウムが10%。この制限措置が導入された場合、ロシアや中国をはじめとする全ての大手鉄鋼輸出国は多大な打撃を蒙る

関連ニュース

米の鉄鋼・アルミ関税 ドイツ外相、EUへ毅然とした対応呼びかける

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала