国際原油価格が下落 前日の高値の後、一転

国際原油価格は前日の値上がり後、若干値下がりしている。投資家らは国際エネルギー機関の発表したグローバル需要、市場の原料供給の評価を依然として続けている。

スプートニク日本

日本時間14時04分の段階でブレント原油5月先物価は0.11%下がって1バレル65ドル05セントに、WTI原油4月先物価格も0.05%安の1バレル61ドル16セントの値を付けている。

国際エネルギー機関の発表した国際石油市場予測は、OPEC非加盟国からの供給が2017年のレベルから日量180万バレル分増え、最高で5990万バレルに達すると読んでおり、これが取引の行方に影響している。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала