登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ルーマニア男性、裁判所で「私は生きている」との証明に失敗【動画】

フォローする
誤って死亡証明されたルーマニア出身の男性が、生存していることを裁判で証明できなかった。AP通信が報じた。

スプートニク日本

コンスタンチン・レリウ(63)さんの件は同国ヴァスルイの裁判所で16日に検討された。死亡証明書の訂正申請が遅すぎるとして、申請は拒否された。判決は最終的なもので、控訴は不可能だという。

酔っ払い、警察に自分自身を通報 米国 - Sputnik 日本
酔っ払った運転手、警察に自分自身を通報 米国
レリウさんが自らの「死」を知ったのは、26年ぶりにルーマニアに帰国した時のこと。1992年からトルコに住み、祖国の家族とも音信不通だった。妻はレリウさんが死んだと決め、2016年に死亡証明書を作成した。

2年後、トルコ当局がビザの期限が過ぎているとしてレリウさんを国外退去処分にする。ルーマニアでレリウさんは、死んだと思われていることを知った。「生きていますが、公式には私は死んでいます。死人だと見なされているため、収入もなく、何も出来ません」とレリウさんは嘆く。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала