ロシアで議員向け「倫理典範」が制作される方針

© Sputnik / Vladimir FedorenkoПленарное заседание Госдумы РФ
Пленарное заседание Госдумы РФ - Sputnik 日本
議員やその家族の公共の場での行動は統制される可能性がある。RTが報じた。「倫理典範」をレニングラード州議会のウラジーミル・ペトロフ議員が、ヴャチェスラフ・ヴォロジン下院議長に提案する意向だ。

スプートニク日本

「倫理典範」は拘束力を持たず、推奨事項となる予定。議員や親類には飛行機のビジネスクラスに乗らず、SNSで贅沢や「権力に近いこと」を見せびらかさず、職権濫用を行わないよう推奨される。

異性議員との交流ルールも含まれる方針。1つの条項によると、「性的意図や性的関係を含む様々な種類の親密さへなびいていることを表さない」よう議員に指令が出されている。

これに加えて、ロシア国内でのリゾートで休暇を過ごすよう推奨されている。

発起人によると、議員のふさわしくない行動は国家権力全体の評判に悪影響を及ぼすおそれがあるため、規則集は不可欠だ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала