登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

辞任答弁、改ざんに影響なしと否定 安倍首相

© AFP 2021 / Kazuhiro Nogi安倍首相(アーカイブ)
安倍首相(アーカイブ) - Sputnik 日本
フォローする
学校法人「森友学園」への国有地売却に関する文書改ざんについて、安倍首相は19日の参院予算委員会で答弁した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

首相は昨年2月の国会答弁で、「私や妻が関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」と述べていたことが改ざんを引き起こしたとの野党の見方を否定。文書改ざんの支持も否定し、「そもそも(財務省)理財局内の決裁文書の存在すらも知らない。」と強調した。

また、時事通信によると、改ざんされた部分は「答弁をひっくり返すような記述では全くない」との見方を通した。

首相は夫人と学園の関係は改ざんに影響を及ぼさなかったとも主張。夫人が一時名誉校長に就任していたことも既に知られていたことだと指摘した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала