登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

パリでナチス迫害逃れた女性が惨殺

© Fotolia / Malajscyパリでナチス迫害逃れた女性が惨殺
パリでナチス迫害逃れた女性が惨殺 - Sputnik 日本
フォローする
フランスのパリで23日、高齢者のユダヤ人女性が刺殺され、遺体に火をつけられる事件があった。殺害の容疑で男2人が拘束された。消息筋によると、反ユダヤの犯罪と見られる。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

犠牲者のミレイユ・クノルさん(85)は第二次世界大戦の頃、ユダヤ人として強制収容所への移送を逃れていた。現在、パーキンソン病を患って集合住宅の小さな一室で一人暮らしをしていた。

米FBI元捜査官、アンネ・フランクさん拘束の真相を調査へ - Sputnik 日本
米FBI元捜査官、アンネ・フランクさん拘束の真相を調査へ
クノルさんの遺体は火災通報を受け取った消防隊により発見された。検視の結果によると、クノルさんは複数か所を刺された後、アパートに放たれた火で体の一部が焼けていたことが分かった。

AFP通信によると、パリでは昨年にも、ユダヤ正統派の60代女性が、「アラーアクバル(神は偉大なりの意)」と叫ぶ近隣住民にアパートの窓から投げ出される事件が起きていた。クノルさんの殺害を受け、フランス国内のユダヤ人コミュニティーでは衝撃が広がっているという。

フランスのマクロン大統領は自身のツイッターで殺害について「おぞましい」と書き込み、事件を非難した。

拘束された男の1人は隣に住んでクノルさんをよく訪ねていた20代の男。警察筋によると、この男には性的暴行の前科、もう一人の男(21)には強盗の前科があるという。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала