登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

人体で新たな器官が見つかる がん転移の仕組みの理解に役立つ可能性

© Sputnik / Igor Onuchin / フォトバンクに移行Сотрудники научно-технического комплекса "Микрохирургия глаза"
Сотрудники научно-технического комплекса Микрохирургия глаза - Sputnik 日本
フォローする
米国の研究チームが、今までに知られていなかった人間の器官を偶然発見した。いつも通り胃腸管で内視鏡手術を行っていると、胆管は液体が移動する管の薄い網に覆われていることを見つけた。「 New Scientist」が報じた。

スプートニク日本

後に研究チームは鼻の細胞組織にも同様の管が発見された。専門家は、こうした細い管系は全細胞組織にあり、クッションとしての機能を果たしていると見ている。発見された管を新たな器官だと呼ぶ専門家もいる。

研究者によると、発見された管には体内の水分20%が含まれている。通常の研究手法ではコラーゲン繊維が脱水により壊れてしまうため、以前は管を発見できていなかったと専門家らは説明する。管は悪性腫瘍の転移を促進すると明らかにされた。がん細胞は管を通じて体内のあらゆる場所に移動することができる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала