華奢な娘がディーゼル船の舵輪を握る

多くの文化では、女性が船に乗っているのは不幸なことだと考えられている。迷信深い水兵たちは、船に若い女性がいると海の神々を激怒させるかもしれない、と考えている。他の人々はと言えば、水兵が自分たちの職場で集中するのを、女性が邪魔するかもしれないと話している。

だが、現代の世界では、ステレオタイプに打ち勝つ準備ができている若い女性たちも見受けられる。そのような女性の一人が、ディーゼル船の船長になった、ロシア人のアレクサンドラ・ホフロワさんだ。

アレクサンドラさんは、偏見が原因で非難されることがよくある。大部分の人々は、どうすればこんな華奢な娘が船長になれるのかと驚く。だが、アレクサンドラさんには鉄のような意思の力があり、自分の好きな仕事を捨てることはない。

アレクサンドラさんは、大きなクルーズ客船で働くことを夢見ているが、今はまだ、厳しい北方の川でトレーニングを積んでいる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала