ハンドスピナーにライバル登場 シンキングエッグ【動画】

© Screenshot: Future Technology"Яйцо для раздумий", разработанное Orijin Design Company
Яйцо для раздумий, разработанное Orijin Design Company - Sputnik 日本
カナダの企業が、瞑想のための卵の製造資金をキックスターターで集め、7000ドルという目標額をはるかに上回る10万ドル(約1070万円)を集めている。

スプートニク日本

Orijin Design社は「思索のための卵」(The Thinking Egg)をデザインし、木や金属、石など様々な材料からサンプルを作った。それぞれ目的が違っており、石の卵はリラックス、金属は回復、木は集中のためのもの。また、溶岩から卵をつくる計画もある。

瞑想のためのオブジェはポケットに入るサイズ。直径17ミリメートル、高さ23ミリ。価格は13ドル(約1400円)となっている。

構想によると、卵は指でいじり、机の上で転がしたり握りしめることができる。シンキングエッグは「立ち止まり、起きていることについて考え、毎日のルーチンの中で自分を見失わないようにしたい」人のために最適なアイテムだ。

3000人以上が資金を出している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала