WSJ紙、米国の対ロシア人制裁導入の日程を報道

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行米国
米国 - Sputnik 日本
ロシアの一連の政治家と実業家に対する新たな制裁について、米政府が6日に発表すると、複数の筋の話としてウォールストリート・ジャーナル紙が伝えている。

スプートニク日本

これに先立ち、ロイター通信は、「選挙への干渉」を理由としたロシアの実業家らに対する制限措置を、米政府が5日にも承認する可能性があると指摘していた。制裁は、米政府の見解でロシア指導部と関係がある者を含む、ロシアの新興財閥に対して導入される可能性があると、同通信はより明確にしていた。

ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロイター通信の報道にコメントし、現代のロシアには新興財閥は存在しないと述べ、実業家らに対して予想される間もなくの制限措置についての確証をロシアは得ていないと付け加えた。

一方、ブルームバーグは、新たに制裁下に置かれる可能性があるのは、6~10人のいわゆる「新興財閥」だと伝えた。NBCテレビは、問題となっているのは、米政権代表者らの見解ではプーチン大統領と関係がある人物だと指摘している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала