ポンペオ長官「対露寛大政策の時代は過ぎた」

© AFP 2022 / Jim Watsonポンペオ長官「対露寛大政策の時代は過ぎた」
ポンペオ長官「対露寛大政策の時代は過ぎた」 - Sputnik 日本
ロシアに対する米国の寛大な政策の時代は過ぎ去ったと、国務長官候補である米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が述べた。

スプートニク日本

ホワイトハウスが公表した、ポンペオ長官の議会への文書による証言では、「ロシアは侵略的な行動を取り続けており、このことにおいては、この侵略に対する何年にもわたる寛大な政策がロシアを助けている。これについては今、終止符が打たれた」と述べられている。

トランプ大統領 - Sputnik 日本
「準備せよ、ロシアよ」 トランプ大統領、ツイッターでシリアを「スマート」ミサイルで攻撃すると脅す
ポンペオ長官は、ロシアに対する措置に含まれるものとして、制裁や外交官追放、米軍と核抑止戦力の強化、また「ウクライナとジョージアにおけるロシアの拡張政策に抵抗する勇敢な若者らの武装」を挙げている。

ポンペオ長官によると、米トランプ政権は、米国にとって「ロシアが危険であると考えている」。それにもかかわらず、ロシア政府との関係を軌道に乗せる試みは、「その複雑さにもかかわらず、継続しなければならない」。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала