ロシアの原子力潜水艦2隻が「決闘」

© 写真 : Рress-service of JSC "PO "Sevmas"Стратегическая атомная подводная лодка "Александр Невский" проекта 955 "Борей"
Стратегическая атомная подводная лодка Александр Невский проекта 955 Борей - Sputnik 日本
ロシアの戦略原子力潜水艦「ウラジーミル・モノマフ」と「アレクサンドル・ネフスキー」がカムチャツカで演習を行い、「決闘」を演じた。ロシア軍太平洋艦隊広報サービス情報提供課のニコライ・ヴォスクリセンスキー課長が発表した。

スプートニク日本

同氏によると、2隻の原子力潜水艦の乗組員が「決闘の状況を演じ」、双方が武器を使用する中で攻撃と反撃の演習を行った。

演習では「ウラジーミル・モノマフ」が仮想敵の「アレクサンドル・ネフスキー」に対して訓練用魚雷を発射し、報復攻撃をうまく回避した。ヴォスクリセンスキー氏が伝えた。

「ウラジーミル・モノマフ」と「アレクサンドル・ネフスキー」は戦略任務ミサイル潜水巡洋艦。弾道ミサイルを搭載することができ、ロシア軍の核の3本柱の一部となっている。

関連ニュース・記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала