必ずがんにつながる遺伝子変異の研究に成功

ニール・ケリーヒャー化学教授率いる研究チームは、がんを確実に引き起こすRAS遺伝子変異を発見できる技術を開発した。サイト「MedicalXpress」が報じた。

スプートニク日本

RASファミリーの遺伝子は成長調整たんぱく質と細胞死と相互作用する。

RAS遺伝子が変異すると、これらのたんぱく質は途切れなく働き始め、細胞が制御不可能に成長し広がることで、悪性腫瘍の形成を引き起こす。

RAS遺伝子変異と全てのがんの30%が関係している。さらに、膵癌の95%と大腸癌の45%とも関係がある。

MedicalXpress」によるとチームは、RAS遺伝子変異の進行を分析することで、将来的に薬品開発の助けになると期待される特別な技術を開発した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала