極小機器、天災や爆発の被害者を救助隊が瓦礫の下で捜索する助けに【写真】

瓦礫に埋もれた人々の捜索のために使われる、特別に調教された犬や、伝わってくる音に反応する音響測定器は、常に頼りになるとは限らない。犬は人間の匂いを感じ取らないかもしれないし、被害者が意識不明の状態にある場合、測定器は正常に作動しない。スイスの技術者らが開発した、人体によって排出される化学物質を発見する極小機器は、これらの問題を全て解決する。

スプートニク日本

自然災害や爆発の被害者を捜索することを目的とした新たな極小検出器は、救助隊員の手のひらに容易に収まり、また無人機にも取り付けることができる。皮膚の毛穴を通して、或いは呼吸の際に人体によって排出される、空気中の超低濃度の化学物質を発見できる高い感度を備える点で、この検出器は優れている。

​機器は既に初期テストを通過。最も低いもので10億分の1レベルという、先例のない低濃度の化学物質の存在を捉えることに成功した。機器の仕様については、「アナリティカル・ケミストリー」誌に掲載されている。

関連ニュース

乾いた空気から水を取り出す装置、MITが開発

カリフォルニア大学が思考の読み取り機をテスト

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала