IMF、世界経済の主な脅威を発表

21日、国際通貨金融委員会(IMFC)コミュニケが発表された。コミュニケでは、現代経済を脅かす主要な危険性が挙げられている。

スプートニク日本

コミュニケでは「金融上の脆弱性の高まり、貿易と地政学的緊張の高まり、及び、歴史的に高い水準にある世界の債務もまた、世界経済の成長見通しを脅かす」と述べられている。日本財務省がホームページで発表した。

ロバート・シラー教授 - Sputnik 日本
ノーベル賞経済学者、米中貿易戦争による新たな世界危機を予測
また「人口動態の逆風と低迷する生産性の伸びは、より高く、より包摂的な成長が将来実現する可能性を減少させうる」と発表された。

IMFCは、国際通貨基金(IMF)の諮問機関。IMFCの会合は年に2回開催されており、ロシア代表者を含むIMFの管理者24名で構成されている。次回の会合はインドネシアで今年10月13日に開かれる予定。

関連ニュース

ビットコインの将来価格は10万ドルではなく100ドル 元IMFチーフ エコノミストが予測

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала