文書改ざん「信用失う」 福田元首相、政府を批判

CC0 / Pixabay / 日本
日本 - Sputnik 日本
福田康夫元首相は25日夜、東京都内で講演し、財務省による森友学園の決裁文書改ざんを巡り、自身が制定を主導した公文書管理法に言及し「一生懸命つくっても、守ってくれなければどうしようもない。政府が信用を失う」と述べ、政府の対応を批判した。

スプートニク日本

前財務事務次官のセクハラ疑惑については「論外だ。女性がもっと働くことができる環境を整備しなければならない。国会で議論してほしい」と指摘。不正常な国会情勢を念頭に「民主主義だから大事なことは国会で議論し、国民に示さなければならない」と語った。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала