WADA告発者ロドチェンコフ氏 ロシアへのドーピング非難を否定

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)にロシアのドーピング問題を告発したグリゴリー・ロドチェンコフ氏はスポーツ調停裁判所の公聴会でロシア人アスリートに対する一連の非難を退けた。同裁判所のサイトが明らかにした。

スプートニク日本

ロドチェンコフ氏は自身が考案したアルコールとドーピングを混ぜたカクテル「ドューシス」についての問いに答えたなかで、こうした混合物をロシア人アスリートに与えたことは一切なく、アスリートが独自で服用したり、使用の説明書を受け取ったところも見たことはないと語った。

平昌冬季五輪 - Sputnik 日本
見せしめ ロシアが五輪をはく奪される理由は?
これ以外にロドチェンコフ氏は、ロシア人選手がドーピング物入りの尿検体を「混入のない」尿とすり替えて出すところは一度も見たことはないと主張した。ロドチェンコフ氏は、「混入のない」尿の採取には参加したことはなく、採取が選手らによって行われているところを見たことがないため、アスリートらがドーピングの検査過程に介入しているという証拠も採取されたドーピング検体も持っていないと断言した。

ロドチェンコフ氏はモスクワ・アンチドーピングラボの所長で2016年の年頭から米国に居住している。ロシアをめぐる一連のドーピングスキャンダルと調査はまさに彼の証言から始まった。ロドチェンコフ氏の証言からロシアは、ソチ五輪で出たドーピング入りの検体を国家ぐるみで隠ぺいしたと非難されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала