メドベージェワ、ザギトワを生んだ監督門下にまた天才少女 4回転ルッツを軽々跳躍【動画】

ロシア女子フィギュア・ジュニアのアンナ・シェルバコワ選手(14)が練習中に4回転ルッツ、3回転トーループ、3回転ループジャンプを連続して跳ぶことに成功した。その模様をとらえた動画をシェルバコワの振付を担当しているダニール・グレイヘンガウズ氏がインスタグラムに投稿した。

スプートニク日本

シェルバコワはメドベージェワ、ザギトワを育てたエテリ・トゥトゥベリッゼ監督の門下生でついこの3月28日に14歳になったばかり。シェルバコワは昨夏の怪我でシーズンの大半を休場したが、1年前にはすでに見事なジャンプ力で注目を集め始めており、1年前に撮られた動画には4回転ルッツと3回転トーループのコンビネーションに成功していたことが分かっている。

アレクサンドラ・トルソワ - Sputnik 日本
ロシア女子フィギュア現象
トゥトゥベリッゼ監督の門下でもう1人注目を集めているのがアレクサンドラ・トゥルソワ(13)。トゥルソワは今年3月女子フィギュア史上初めて4回転ルッツを跳び、同じく3月、ソフィアで開催の世界ジュニア選手権で優勝。1つのプログラムで4回転サルコー、トーループを成功させて、世界を驚かせた。

ルッツジャンは助走のときに体にかかっている回転の力の方向と空中での回転方向が逆になるため、ジャンフィギュアの技のなかでもアクセルに続いて2番目に難しいとされている。1913年にオーストリアのアロイス・ルッツが初めて跳んだことから命名された。

© 写真 : Instagram/ Anna Shcherbakovaアンナ・シェルバコワ選手
アンナ・シェルバコワ選手 - Sputnik 日本
アンナ・シェルバコワ選手

トゥルソワの前に女子で4回転ジャンプをはじめて、そして世界で唯一成功させていたのが日本の安藤美姫だった。安藤選手は2002年から2003年のシーズンのジュニア・グランプリのファイナルで4回転サルコーを跳び、世界を驚愕させている。 成長とともに体重が増せば、回転数が多く、高さが要求されるジャンプはどうしても跳びづらくなる。このためジャンプの記録更新はジュニアに傾く傾向がある。

関連ニュース

美しさに釘付け… ロシア美人フィギュア選手

ロシア女子フィギュア現象

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала