登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア新型海中ドローン、強力な核魚雷を搭載へ

フォローする
海中無人機「ポセイドン」は2027年までにロシア海軍に配備され、2メガトン級の核弾頭を搭載可能となる。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

ロシアのプーチン大統領が3月1日の年次教書演説で言及したロボット化されたミニ潜水艦は、水深1000メートルの深海を最高速度100ノットで移動することが可能であるため、既存の技術を用いても検出、さらに捕獲することは不可能。

最新哨戒艦「ワシーリー・ブィコフ」 - Sputnik 日本
露海軍の最新哨戒艦、テストのため黒海へ
ロシア海軍は、核魚雷搭載機が「何よりも潜在的な敵の海軍基地の殲滅のためのもの」だと説明する。

標的に向かって「ポセイドン」は、水深1キロ以上の深さを60〜70ノット(時速110〜130キロ)で進む。

ポセイドンは、現段階で建造段階にある原子力潜水艦に搭載される。

関連ニュース

米国の専門家:ロシアの「最後の審判の日の兵器」の発射体が爆発したら、100メートルの津波が起こる

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала