ベッソン監督が性的暴行容疑で訴えられる 20代女優が告訴

ベッソン監督が性的暴行容疑で訴えられる 20代女優が告訴
ベッソン監督が性的暴行容疑で訴えられる 20代女優が告訴 - Sputnik 日本
20歳代の女優は18日、仏映画監督リュック・ベッソン氏(59)から性的暴行を受けたと警察へ被害を届け、警察が捜査を開始した。時事通信が仏メディアの報道をもとに伝えた。

スプートニク日本

報道によれば、女性はパリでのホテルで17日夜にベッソン氏と会い、紅茶を飲んだ後に意識を失った後、性的暴行を受けたと訴えている。

ベッソン氏は弁護士を通じ「でっちあげの訴えを断固として否定する」と述べた。

ベッソン氏は「レオン」、『フィフス・エレメント』などで知られる。

関連ニュース

性的暴行で訴えられた五輪優勝6度の選手、裁判で応じる

セクハラ疑惑 ハリウッド大物プロデューサーが米映画界から追放

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала