露大統領補佐官:平和条約締結のためには、日本は南クリルのロシアへの移行の合法性を認めなければならない

© Sputnik / Alexei Druzhininロシア大統領府のウシャコフ補佐官.
ロシア大統領府のウシャコフ補佐官. - Sputnik 日本
日本とロシアの平和条約では、第二次世界大戦の結果と、南クリルのロシア連邦への移行の合法性を日本が認めることが記されなければならない。ロシアのウシャコフ大統領補佐官が記者団に発表した。

スプートニク日本

安倍首相は25、26日両日、プーチン大統領の招きでロシアを公式訪問する。

安倍首相 - Sputnik 日本
安倍首相 「日露関係は、最も可能性を秘めた二国間関係」
プーチン大統領と安倍首相の会談では、平和条約締結に関する意見交換が行われる可能性があるとみられている。

ウシャコフ氏は「未来の文書は、戦後の現実に基づくべきである。第二次世界大戦の結果や、連合国間の合意にしたがって南クリルがロシアへ移行されたことや、戦後にわたる南クリルのロシアの権利の合法性を日本がはっきりと認めることが明確に記載されることだ」と述べた。

関連ニュース

重要な会談を控える安倍首相

露日関係は国際政治に安定化の役割 駐日ロシア大使

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала