登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

真実は何にもまして崇高 イーロン・マスク氏がフェイク記事発見サービスを考案

© REUTERS / Joe Skipper真実は何にもまして崇高 イーロン・マスク氏がフェイク記事発見サービスを考案
真実は何にもまして崇高 イーロン・マスク氏がフェイク記事発見サービスを考案 - Sputnik 日本
フォローする
スペースX、テスラ社の創設者のイーロン・マスク氏はマスコミの記事の信憑性をチェックするサービスの開始を考案した。マスク氏は自身のツィッターでこれを明らかにした。

スプートニク日本

マスク氏は「どんな記事でもその信憑性を評価し、個々の記者、編集者、発行元への信頼レベルの変化をウォッチングできるようなサイトの立ち上げを企画している」と語っている。マスク氏はこのサイトの名称をロシア語の「真実」を表す「プラウダ」からとって「Pravda」と命名することを考えている。

スペースXのマスク氏、露宇宙船「ソユーズ」に代わる「ドラゴン2」を公開【写真】 - Sputnik 日本
スペースXのマスク氏、露宇宙船「ソユーズ」に代わる「ドラゴン2」を公開【写真】
マスク氏は、ジャーナリストらには常時圧力がかけられており、広告料を稼げない場合、解雇されてしまうとその実情を説明しれている。マスク氏は一例として持ち会社「テスラ」を挙げ、「テスラ」は石油ガス、自動車大手とはことなり宣伝広告を好まない自由な立場にあると語った。

マスク氏は「Pravda」が実現化されることを望まないジャーナリストらに対しては、読者もそれに反対するように仕向ける記事を書いたらどうかとアドバイスをしている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала