キエフで殺害されたはずのロシア人ジャーナリストがウクライナ保安庁内で生存

© Sputnik / Ruslan Kryvobok / フォトバンクに移行アルカージー・バブチェンコ氏
アルカージー・バブチェンコ氏 - Sputnik 日本
ウクライナ保安庁のヴァシリー・グリツァク長官は、ロシア人ジャーナリストのアルカージー・バブチェンコ氏が生存していることを明らかにした。ウクライナ保安庁は、バブチェンコ氏の殺害計画をリークし、それを未然に防いだと発表している。

スプートニク日本

グリツァク保安庁長官は、バブチェンコ殺害を組織した容疑者はキエフで逮捕され、現在、取り調べを受けていると発表している。

バブチェンコ氏自身は、3カ月前、自分の殺害計画があることを知らされ、特別作戦に参加するよう提案されたと話している。バブチェンコ氏いわく、特別作戦は2カ月にわたって練られた。

バブチェンコ氏はロシア人作家で反体制派のジャーナリスト、戦場特派員、編集者として活躍していた。2017年2月、バブチェンコ氏は自分及び家族を名指しで非難されたため、一時的にロシアを離れた。バブチェンコ氏はプラハに住んだ後、イスラエルに移り、2017年8月からキエフに滞在していた。

​関連ニュース

ロシア国籍者のTV司会者がキエフで殺害  ウクライナ内務省が発表

キエフでの露ジャーナリスト殺害にロシアが関与しているとするウクライナの声明は「残念」-ラブロフ外相

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала