新型サムスンギャラクシー、音を出す革新的な画面を搭載か【動画】

2018年の「SID」会議で、音を出すディスプレイの自社コンセプトをサムスンが展示した。このスマートフォンにはスピーカーがない。通常のスピーカーの代わりに、バイブレーションと骨の伝導性を利用して音が伝えられる。今やスピーカーが必要ではないため、スマートフォンの上部と下部の枠は、スクリーン面積拡大のためにさらに縮小できる。

スプートニク日本

メディアでは最近、サムスンとLGがこの珍しいテクノロジーを、発売に向け準備されている「Samsung Galaxy S10」も含めた自社の旗艦スマートフォンで来年使用するとの情報が広がっていた。

「Galaxy S10」の6.2インチスクリーンは、100~800ヘルツの音域の音を伝えることができる。音が「聞こえる」のは、ディスプレイの上部に耳を当てた場合だけになる。

関連ニュース

落としても割れない強度ナンバー1のスマホが発表

サムスン、「アップルを嘲笑」 iPhone6とGalaxyS9を比較

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала