英紙、ロシア写真家の作品を無断転載し、ロシア人は「アル中」と曲解

© SputnikСтраница британского таблоида The Sun с анонсом съемки фотографа Дмитрия Маркова
Страница британского таблоида The Sun с анонсом съемки фотографа Дмитрия Маркова - Sputnik 日本
英紙ザ・サンはロシアの写真家ドミトリー・マルコフ氏の作品を無断転載したうえで、意味を歪めた。マルコフ氏がフェイスブックに怒りの投稿をした。

スプートニク日本

同紙はマルコフ氏の写真集『#Черновик』(草稿)からの写真を無断で使用。書籍では慈善団体の活動や特別閉鎖学校、感染症保健所、薬物中毒者の支援グループの生活が示されている。

A Ukrainian serviceman stands guard as armored vehicles with canons in tow and with Ukrainian flags atop, stand on a road in the village of Fedorivka, eastern Ukraine, Friday, Feb. 27, 2015 - Sputnik 日本
ウクライナ、ロシアを非難 「ハイブリッド戦争」用に化学兵器開発と
しかしザ・サンでは、写真に写っているのがロシアの「日常」で、「接着剤を嗅ぎ、道端で喧嘩し、アルコール依存症-日常生活の一部だ」と主張している。記事では、写真が特別施設で取られたものだと言及されなかった。

マルコフ氏はフェイスブックで「写真数枚を掲載して本について語りたいと連絡があった。しかも、こちらは許可すら出していない。ただ、話し合っても良いと書いただけだ。その後連絡が取れなくなり、今日こうなった」と怒りを露わに投稿した。

マルコフ氏によると、記事をサイトから削除するよう要求すると同紙の編集部は、テキストを修正してマルコフ氏に金銭を提案した。

ザ・サンは記事を削除し、現在記事を閲覧することはできない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала