クリル諸島 エべコ火山の噴煙 2500メートル上空まで

クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が高さ2.5キロの噴煙柱を上げた。19日、カムチャッカ火山噴火反応グループ「KVERT」が発表した。

スプートニク日本

パラムシル島のセベロクリリスクの観測者らから入ったデーターでは噴煙柱の高さは2.5キロにまで達した。噴煙は火山の北東方に拡がっているという。居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

エベコ山の高さは海抜 1156 メートル。セヴェロクリリスク市から6キロに離れている。

火山関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала