ネットフリックス最高広報責任者がクビ 黒人差別表現で

米動画配信Netflixの最高広報責任者、ジョナサン・フリードランド氏は、会社で黒人に対する差別表現を用いたことでクビになった。ハリウッド・リポーターが報じた。

スプートニク日本

リード・ヘイスティングスCEOは「ジョナサンは様々な分野に非常に多くの力を注いだが、Nワード(訳注:黒人に対する差別表現)の使用は、人種に対する容認できない低い感受性を示し、企業の価値観に一致しない」と述べた。

Болельщики сборной Бразилии перед матчем ЧМ-2018 по футболу между сборными Бразилии и Швейцарии в Ростове-на-Дону - Sputnik 日本
W杯でまた女性侮辱 今度はブラジル人がロシアの女性を犠牲に 本国でも怒り心頭【動画】
フリードランド氏は、他の従業員との会議でこの言葉を複数回用いたという。

フリードランド氏自身もこの件について謝罪を表明し、うち1件は「コメディーに侮辱」を加える言葉に関する議論に関係していたと主張している。

関連ニュース

ロシアに人種差別はなく、ぜひロシアW杯へ=ナイジェリア大使

差別とレイシズムが流行り?アジア人を嘲笑する広告

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала