ディズニー、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督をクビ 過去ツイートで

© AFP 2022 / Daniel Leal-OlivasРежиссер фильма "Стражи Галактики" Джеймс Ганн
Режиссер фильма Стражи Галактики Джеймс Ганн - Sputnik 日本
ウォルト・ディズニー・スタジオはツイートを理由に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェイムス・ガン監督を解任した。ロサンゼルス・タイムズが報じた。

スプートニク日本

問題となったツイートは2008年〜2011年に投稿され、小児性愛やレイプ、エイズ、人種差別をテーマにしていた。

同スタジオのアラン・ホーン会長は「ジェイムス・ガン氏によるSNSへの投稿から見つかった侮辱的な態度や発言は正当化され得るものではなく、私たちのスタジオが支持する価値観とは一切の共通点をもたない」と発表した。

Фрагмент 64-ой серии мультсериала Покемон: Солнце и Луна - Sputnik 日本
米国 ポケモンのシリーズが人種差別的と放映禁止に【動画】
ロサンゼルス・タイムズによると、ガン氏はすでに謝罪を表明。キャリアを開始した当初は「自信を挑発者だと考えており、無礼でタブーだった映画やジョークを作っていた」とした上で、すでに人間として成長しており、もうこうしたことは行わないと発表した。

日本でも6月、作者による5年前の差別的投稿が問題になり、ライトノベル「二度目の人生を異世界で」のアニメ化が中止になったことは記憶に新しい。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала