登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ダム放流、記録的豪雨への対応規則なし 日本

フォローする
西日本豪雨で愛媛県にある野村ダムと鹿野川ダムが大量放水した結果、下流河川で氾濫が発生して9人が犠牲になった問題で、放水量を決める規則が記録的豪雨に対処できるものではなかった。共同通信社が関係者の話を基に報じた。

スプートニク日本

規則は1996年、高頻度の中小規模の洪水を防ぐことを目的に、事前の放流量を抑えるよう改定していた。国やダム側は見直しを検討している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала