ロシアミサイル艇、日本海で演習

© Sputnik / Vitaliy AnkovБольшой противолодочный корабль Тихоокеанского флота РФ "Адмирал Трибуц" в проливе Босфор Восточный во Владивостоке
Большой противолодочный корабль Тихоокеанского флота РФ Адмирал Трибуц в проливе Босфор Восточный во Владивостоке - Sputnik 日本
ロシア太平洋艦隊ミサイル艇打撃群は日本海で演習を行ったと、東部軍管区太平洋艦隊情報プレスサービス部のニコライ・ボスクレセンスキー長官が11日に明らかにした。

スプートニク日本

「戦闘訓練計画の一環で、打撃群の太平洋艦隊主要基地海域警護艦隊のミサイル艇3隻が日本海で、海上標的への合同ミサイル攻撃演習を行った。」

ミサイル艇「R11」「R14」「R18」は、実際に巡航ミサイルを発射しないことを除き、動きの全アルゴリズムの訓練を含む仮想敵艦隊への攻撃を訓練した。

ボスクレンスキー氏はまた、ミサイル艇が合同戦術操船を改良し、仮想敵の空中攻撃手段の迎撃、事故船への救助、航行中の燃料ないし貨物の受渡し訓練を行ったと付け加えた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала