米、第3次世界大戦に向けて新ウイルスをバルト諸国で実験か? オピニオン

© Sputnik / Igor Zarembo
豚 - Sputnik 日本
Sputnikラトビアの評論家、アレクサンドル・フロレンコ氏は、東欧でのアフリカ豚コレラ(ASF)の発生が、米国が第3次世界大戦に向けて新種のウイルスを研究しているというシステムの全体像に収まるものだと主張する。

スプートニク日本

ASFは6月、ラトビアの豚165頭で発見され、その後、2万頭の豚が殺処分された。

さらに、リトアニアでは畜産業者に対して、同国内でASFが41件確認されたため、

養豚を完全に放棄するよう提案されている。

第三次世界大戦 - Sputnik 日本
第三次世界大戦が起きる時期を統計的に算出
フロレンコ氏は、ASFが高い緯度の環境に対する耐性が高くないため、ASFの発生は非常に矛盾しているとしつつ、この性質が作られ得たのは研究室のみだと主張する。

ASFはルーマニア、ジョージア、ウクライナ、モルドバ、ポーランドといった多数の国でほぼ同時に発生した。

コラムニストのフロレンコ氏が付け加えるところ、独立国家共同体(CIA)の空間とバルト三国では、国家検疫システムが米国基準に移行しており、そのため、米国に報告書を提出しているという。

関連ニュース

犬が新たなインフル世界的流行の原因になり得る=米研究

ペンタゴン:ロシアは60時間でバルト諸国を占領する

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала