LeeとWrangler売却が検討中 ジーンズ人気低迷で

米アパレル大手VFコーポレーションは、ジーンズの売上低迷からLEEとWranglerのブランド売却を検討していると、ウォールストリートジャーナル紙が報じた。

スプートニク日本

同紙によれば、米国内のジーンズ売上高は低迷しており、2013年に188億ドルだったものが、2017年には162億ドルまで落ち込んでいる。

H&M - Sputnik 日本
アパレルH&Mが年間数トンの新品を焼却
昨年のVFコーポレーション社のデニム衣料品の売上高は26億6000万ドルで、純利益は4億2200万ドルだった。

同紙によれば、VFコーポレーションは、VansのスニーカーとThe North Faceのスポーツジャケット、Timberlandのシューズに集中して注力することを決定した。

関連ニュース

コカ・コーラ社、金属への追加関税で減収と訴え

テスラ、安全性試験を省略 生産加速のため

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала