クリル列島のエベコ火山から高さ2キロの噴煙柱

© www.sakhtravels.narod.ruクリル列島のエベコ火山から高さ2キロの噴煙柱
クリル列島のエベコ火山から高さ2キロの噴煙柱 - Sputnik 日本
クリル諸島のパラムシル島にあるエベコ火山が13日、火山灰の柱を最大で海抜2キロの高さまで噴出させたと、ロシア科学アカデミー極東支部火山地震研究所のカムチャッカ火山噴火反応グループ(KVERT)が発表している。

スプートニク日本

学者らの発表では、「火山灰の煙は北西方へ広がった」と述べられている。

10日、エベコ火山は高さ3000メトールの噴煙柱を上げた。

セベロクリリスクの北西7キロに位置するエベコ火山は、2016年11月に活動を始め、それ以来、定期的に火山灰を噴出している。

火山関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала