ロシア シリア沿岸に「カリブル」巡航ミサイル搭載船を派遣

© Sputnik / Alexey Malgavko / フォトバンクに移行Церемония подъема Андреевского флага на палубе малого ракетного корабля "Вышний Волочек" проекта 21631 во время его передачи Черноморскому флоту в Севастополе
Церемония подъема Андреевского флага на палубе малого ракетного корабля Вышний Волочек проекта 21631 во время его передачи Черноморскому флоту в Севастополе - Sputnik 日本
地中海配備のロシア海軍の船団に加わるため、巡航ミサイル「カリブル」搭載の最新の小型船「ヴイシニー・ヴォロチョーク」が出帆した。ロシアのマスコミが黒海艦隊広報部の発表を引用して報じた。

スプートニク日本

黒海艦隊広報部によれば、小型船「ヴイシニー・ヴォロチョーク」は今日にも艦隊の遠洋圏における常駐船団に加わり、課題遂行に入る。同船はセヴァストポリを出て、現在、ボスポラス、ダーダネルス海峡を通過中。

ロシアは2015年9月30日、シリアにおける作戦を開始しており、地中海には15隻の軍艦、補給船から成る戦隊が常時待機している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала