アルコールとエナジードリンクを混ぜるのは有害 その理由が説明される

米国と英国、ブラジルの生物学者グループは、アルコールとエナジードリンクの同時摂取が、人体に否定的な影響をもたらすと発表した。オランダの科学誌「Journal of Psychiatric Research」が報じた。

スプートニク日本

普通の水が入った水槽と、水とタウリン(エナジードリンクの基本成分)、エチルアルコールを様々な割合で混合した水槽に魚を入れ、それぞれの環境下での生態観察が行われた。

研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」 - Sputnik 日本
研究者「癌や髄膜炎、淋病などの危険な病気を引き起こす細菌がアルコールによって口の中で発生」
エチルアルコールやタリウムが混入された水槽では、魚の活動性が低下したほか、「カクテル」の作用により、近くにいる捕食生物への反応も著しく弱まったことが見受けられた。

この実験から、タウリンがアルコール摂取の否定的な影響を増加させ、活動性の低下を引き起こしたり、恐怖という感覚が弱まることによってリスクにさらされやすくなるとの結論に達した。

関連ニュース

アルコール依存症の大きな原因が挙げられる

酒と煙草は最もキケンな薬物

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала