フォーブス誌、今年の「世界で最も稼ぐ女優」ランキングを発表【写真】

© AFP 2022 / Tiziana Fabiスカーレット・ヨハンソン
スカーレット・ヨハンソン - Sputnik 日本
フォーブス誌が、今年の「世界で最も稼ぐ女優」ランキングを発表した。1位は、年収4050万ドルを稼いだスカーレット・ヨハンソンだった。

スプートニク日本

フォーブスによると、ヨハンソンは映画『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役で多額の報酬を受け取った。

Публикация от Scarlett Johansson (@seriouslyscarlett) 9 Май 2018 в 9:24 PDT

​2位は、2800万ドルを稼いだアンジェリーナ・ジョリー。『マレフィセント2』への前払い出演料が収入の大部分を占めたという。

❤️

Публикация от Angelina Jolie (@angelinajolieofficial) 16 Авг 2018 в 4:44 PDT

​3位は、ジェニファー・アニストン。年収は1950万ドル。収入の大半は、広告出演によるもの。

Stunning 💝

Публикация от Jennifer Aniston (@anistonpost) 19 Май 2018 в 9:55 PDT

​またトップ10には、ジェニファー・ローレンス(1800万ドル)、リース・ウィザースプーン(1650万ドル)、ミラ・クニス(1600万ドル)、ジュリア・ロバーツ(1300万ドル)、ケイト・ブランシェット(1200万ドル)、メリッサ・マッカーシー(1200万ドル)、ガル・ガドット(1000万ドル)が入った。

関連ニュース

世界一セクシーな女性が初めて母親に

インスタで一番稼ぐ女性が明らかに

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала