原油価格下落 世界経済の見通しに懸念

© AP Photo原油価格下落 世界経済の見通しに懸念
原油価格下落 世界経済の見通しに懸念 - Sputnik 日本
20日、中国の不確実性やトルコの問題の観点から世界経済の成長が鈍化する可能性があるとの投資家らの懸念を受け、原油価格が下落している。

スプートニク日本

日本時間14時31分の時点で、北海ブレント原油先物10月限の価格は、0.31%安の1バレル=71.61ドルまで値下がりし、WTI原油先物9月限の価格は、0.4%安の1バレル=64.95ドルまで下落した。
投資家らは、米中貿易摩擦が中国経済にいくらか圧力をかけ始めていることを懸念している。

また先週発表された公式統計によると、中国の7月の小売売上高は前年同月比8.8%増加で、6月の9.0%増から減少した。なお市場予測は9.2%増だった。

中国の7月の鉱工業生産は6%増。市場予測は6.3%増だった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала