登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

クリル諸島のエベコ火山から高さ4キロの噴煙柱

© Flickr / Kirill ΞΚ Voloshinクリル諸島のエベコ火山から高さ4キロの噴煙柱
クリル諸島のエベコ火山から高さ4キロの噴煙柱 - Sputnik 日本
フォローする
クリル諸島(千島列島)のパラムシル島(幌筵島)にあるエベコ火山(硫黄山)が23日、海抜4キロの高さにまで噴煙柱を噴き上げた。ロシア科学アカデミー極東支部火山地震研究所のカムチャッカ火山噴火反応グループ(KVERT)が発表した。

スプートニク日本

発表によれば、「最大で海抜4千メートルの火山灰噴出がエベコ火山で発生した。火山灰の煙は東方へ広がった」。

今回の噴煙柱によって航空機にとっての危険度を示すカラーコードのうち「オレンジ」が発令された。これは火山活動が、低空を飛ぶ飛行機やセベロクリリスク(柏原)の空港運用に影響を及ぼす可能性があることを意味している。

火山関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала