60年の豪州ジャングル生活 ロシア人「ターザン」が永眠【写真】

© 写真 : Public domainОтшельник Михаил Фоменко, проживавший вместе в аборигенами в лесах Австралии
Отшельник Михаил Фоменко, проживавший вместе в аборигенами в лесах Австралии - Sputnik 日本
オーストラリアで文明社会を拒否し、60年以上にわたるジャングル生活を送ったロシア出身のマイケル(ミハイル)・フォメンコ氏(88)が死去した。デイリーメールが報じた。

スプートニク日本

フォメンコ氏は1930年代に両親とともにオーストラリアに亡命。シドニー市での何不自由ない快適な生活を捨て、隠遁生活を送っていたため、「ターザン」と呼ばれ、有名だった。

​フォメンコ氏が文明社会を拒絶し、オーストラリアの北部に逃げ込んだのは1950年代。山刀マチェテを用いてワニやイノシシを狩猟し、自力でくりぬきカヌーを作製し、星だけを頼りにニューギニア島の岸辺まで600キロを漕ぎぬいたことで知られる。

デイリーメールによれば、フォメンコ氏は2012年に老人施設に収容されており、そこで息を引き取った。

関連ニュース

裸で離島暮らし30年 日本のロビンソン・クルーソーが強制的に文明に引き戻される

人懐こいクジラがダイバーに急接近 ダンス、セルフィーも一緒に

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала