安倍首相、総裁選立候補を正式表明 石破氏と対決、争点は改憲

安倍晋三首相(自民党総裁)は26日午後、視察先の鹿児島県垂水市で、党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への立候補を正式に表明した。記者団に「あと3年、日本のかじ取りを担う決意だ」と述べ、連続3選を目指す意向を示した。一方、野田聖子総務相は立候補を見送る方向となり、既に出馬会見を済ませた石破茂元幹事長と首相による一騎打ちの構図が固まった。総裁選は2012年以来6年ぶりの選挙戦となる。

スプートニク日本

憲法改正や地方創生、アベノミクス、官邸主導の政権運営の在り方などを争点に議論が交わされそうだ。政策関連の記者会見は9月7日に行う予定だ。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

改憲案の秋提出、反対49% 共同通信世論調査

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала