ポンペオ氏訪朝中止原因は北朝鮮からの「攻撃的」書簡ー米メディア

© Sputnik / Ilya Pitalev / フォトバンクに移行北朝鮮
北朝鮮 - Sputnik 日本
27日に予定されていたポンペオ米国務長官の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)への訪問が中止になったのは、北朝鮮高官から「攻撃的」な内容の書簡を受け取り、成功の可能性が低いと判断したためだったと米紙ワシントン・ポスト(電子版)は報道した。時事通信が伝えた。

スプートニク日本

同紙によれば、ポンペオ氏は24日、金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長の書簡を受け取った後、トランプ大統領と相談し、2人で訪朝中止を決断した。書簡の内容は明らかにされていない。

北朝鮮、「西海衛星発射場」の解体停滞か 38ノース分析 - Sputnik 日本
北朝鮮、「西海衛星発射場」の解体停滞か 38ノース分析
トランプ氏は同日午後、自身のツィッター上で「私はポンペオ国務長官に対し、今回は北朝鮮に行かないよう要請した。なぜなら、朝鮮半島の非核化で著しい進展を目にしているとは私には思えないからだ」と書いた

関連ニュース

「米国務長官、訪朝中止を決定」=日本外務省

米国務長官、来週訪朝へ 北朝鮮新特別担当と

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала