省庁採用に障害者枠検討 緊急対策10月取りまとめ

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行東京
東京 - Sputnik 日本
中央省庁で3460人が障害者雇用に水増しされていた問題で、政府は28日、再発防止に向けた緊急対策を10月に取りまとめることを決めた。国家公務員の採用に障害者枠を新たに設けることを検討、年内にも法定雇用率を達成できるよう取り組みを強化するが、雇用確保は困難な情勢だ。

スプートニク日本

厚生労働省がこの日公表した調査結果では、国の33行政機関のうち8割に当たる27機関で不正算入があり、雇用する障害者数が大幅に不足している。

政府は28日午後、関係府省庁の官房長らを集めた連絡会議を開催。古谷一之官房副長官補が「常勤でも積極的に受け入れる方法を考えてもらいたい」と指示した。

(c)KYODONEWS

首相、障害者数水増しで防止策 臨時国会までに

自民、閉会中審査を拒否 障害者雇用、国会報告要請

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала