宇宙船ソユーズで空気漏れ

© 写真 : Roskosmos / Oleg ArtemievКорабль "Союз МС-09" c членами экипажа МКС-56/57
Корабль Союз МС-09 c членами экипажа МКС-56/57 - Sputnik 日本
ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」で、空気漏れが起きた。ソユーズは国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしている。ロシアメディアが露国営宇宙企業「ロスコスモス」のロゴジンCEOの発表を報じた。

スプートニク日本

ロゴジン氏によると、空気漏れは30日深夜に発生。原因は幅1.5ミリの微細なヒビ。設計技師らは、微小隕石との衝突によってヒビが発生したと考えている。艦内には必要な修理キットがある。

ロゴジン氏は「今日深夜、ISSで通常通りではない事態が起きた。空気漏れと減圧だ。空気が漏れる場所を特定するための処置は取られた。米船員がロシア棟に集まった。計6名の飛行士がロシア棟にいた。その後は、空気漏れが起きた場所を見つけるため、順番に分室を閉鎖した。最終的に、問題を局所化した」と述べた。

2011年からロシアの「ソユーズ」は、ISSに飛行士を届ける唯一の手段となっている。2019年には米宇宙船「Dragon 2」と「Starliner」の初めての有人飛行が予定されている。

関連ニュース

ISS「きぼう」で水漏れ 飛行士らは1ヶ月もティッシュとタオルで対処

「宇宙ステーションで最も大事な設備のひとつ、宇宙トイレ!」=野口聡一宇宙飛行士

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала