登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アサド大統領が2010年にオバマ大統領宛てに書いた書簡の内容が語られる

© AFP 2021 / Abbas Momaniケリー国務長官
ケリー国務長官 - Sputnik 日本
フォローする
シリアのバッシャール・アサド大統領は2010年、当時のバラク・オバマ米大統領宛てに、イスラエルとの和平交渉再開を提案する秘密書簡を書いた。ジョン・ケリー元米国務長官が、自身の新たな書籍の中で語った。

スプートニク日本

イスラエルのハアレツ紙が、9月4日に刊行されたケリー氏の回想録『Every Day Is Extra』について報じた。

シリアは、正式にはイスラエルと戦争状態にあり、1967年にイスラエルに奪われ、その後一方的に併合されたゴラン高原の領有権を今も主張している。

シリア - Sputnik 日本
アサド大統領が手厳しい非難 米国がシリアのテロリストを支援
シリア危機が始まる前、米上院外交委員会の議長を務めていたケリー氏はシリアを訪問し、アサド大統領と初めて会談した。ケリー氏は、当時「アサド氏は依然としてイスラエルとのある種の取引に関心を持っていた」と指摘している。

ケリー氏は書籍に「アサド氏は私に、シリアが1967年に失ったゴラン高原の返還が保証されることに期待して、真剣な和平交渉を開始するには何が必要なのか尋ねた。私は、もし真剣であるならば提案を提示すべきだと彼に言った」と書いている。ケリー氏と話を終えたアサド大統領は、補佐官にオバマ大統領への書簡を作成するよう頼んだ。

アサド氏から書簡を受け取ったケリー氏は、イスラエルへ向かった。ケリー氏は「翌日、私はイスラエルに飛び、そこでベンヤミン・ネタニヤフ首相と会い、アサド氏の書簡を見せた。彼は、アサド氏が以前示していたよりもはるかな前進を望んでいることに非常に驚いた」と指摘している。

ハアレツ紙によると、シリアとイスラエルは2011年初旬まで米国の仲介で交渉を行っていたが、いかなる理解や同意にも達することができなかったという。

関連ニュース

ケリー前国務長官 再就職先が決まる

ケリー米国務長官、駐トルコ大使殺害で捜査協力の申し出

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала