登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

審判ら、S・ウィリアムズの試合ボイコットを希望

© REUTERS / Thomas PeterТеннисистка Серена Уильямс во время матча с Марией Шараповой
Теннисистка Серена Уильямс во время матча с Марией Шараповой - Sputnik 日本
フォローする
テニスの審判らが、米国のセリーナ・ウィリアムズ選手に対しボイコットを宣言する可能性があり、S・ウィリアムズ選手が出場する試合を担当することを拒否するかもしれないと、タイムズ紙が伝えている。

スプートニク日本

同紙は、S・ウィリアムズ選手が出場した全米オープン決勝を担当したカルロス・ラモス主審に関する同大会主催者らの立場に対する不満が、審判らの間に存在していると伝えている。規定に厳格に従ったにもかかわらず、ラモス主審は全米テニス協会(USTA)と女子テニス協会(WTA)によって非難されたとしている。

S・ウィリアムズ選手は同大会決勝でヒステリーを起こした。S・ウィリアムズ選手に完勝したのは20歳の日本人選手。

審判らは対抗措置として、ラモス主審に対する侮辱についてS・ウィリアムズ選手が謝罪しない間は、S・ウィリアムズ選手が出場する試合の担当を拒否する可能性を議論している。

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、日本の大坂なおみ選手が米国のセリーナ・ウィリアムズ選手と対戦し、6-2、6-4のストレート勝ちを収め、優勝した。だが注目を浴びたのは大坂選手の優勝ではなく、審判に暴言を浴びせたS・ウィリアムズ選手のヒステリーだった。S・ウィリアムズ選手は人種差別で審判を非難し、暴言を吐いた。

関連ニュース

女性アスリート長者番付 フォーブス誌【写真】

セリーナ・ウィリアムズが壊滅的敗北

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала