登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表

© Sputnikロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表
ロシア 2014年マレー航空17便を撃墜したミサイルのデーターを公表 - Sputnik 日本
フォローする
ロシア国防省は2014年、ウクライナ上空でマレー航空17便を撃墜したミサイルの極秘情報を公表。

スプートニク日本

マレー航空17便 墜落場所 - Sputnik 日本
マレー航空17便撃墜にロシア関与の非難 クレムリンは全面的に否定
ロシア軍ミサイル大砲課のニコライ・パルシン主任は記者団に対し、ウクライナ上空でマレー航空17便ボーイング777機を撃墜したミサイルは、ドルゴプルーデンスコエ社で1986年に製造されたものだったことを明らかにした。

パルシン主任は「ミサイルの製造番号は8720。この製造番号はメーカー側がつけたものだ」と語っている。

パルシン主任は、ミサイルは1986年に製造された後、ウクライナ共和国の軍部隊に輸送されたことを明らかにした。

同ミサイルの輸送先であったウクライナの部隊について、パルシン主任は第223高射砲ミサイル旅団と明言。1986年当時、第223高射砲ミサイル旅団は、パリカルパツキー軍管区の構成に所属しており、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国テルノポリスカヤ州に配置されていた。

パルシン主任は「現在、同旅団はリヴィウ州ストゥルィ市に配置されており、その軍備には依然と変らずミサイルシステム『ブーク』が入っている。注目すべきことに第223旅団は、2014年から始まり、ウクライナによってドネツクおよびルガンスク州における、いわゆ反テロ作戦に幾度も参加させられている」と語った。

ロシア国防省のコナチェンコフ公式報道官は、ウクライナ南東におけるマレー航空17便ボーイング777機の撃墜にロシアのミサイルシステム「ブーク」が関与した証拠として国際調査団に使用されているビデオは、ねつ造されたものだったことを明らかにした。

2014年7月17日、アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア機は、ウクライナのドネツク州で墜落し、乗員乗客298人が全員死亡した

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала