登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

メーガン妃が車のドアを自分で閉めたのは礼儀違反かと皆が議論 これはそのような深刻な過失か?

フォローする
サセックス公爵夫人が、公の場としては初めて1人で王立芸術院の展覧会を訪れ、人々に微笑んで自動車のドアを自分で閉めた。このことがSNSで嵐のような議論と非常に多様な反応を引き起こしたが、メーガン妃が儀礼に違反したというのは本当だろうか?

スプートニク日本

ある人々はメーガン妃の「飾り気のない」「控え目な」振る舞いに感嘆し、別の人々は、王室の随員の誰かが今後仕事を失うだろうと冗談を飛ばした。

タブロイド紙「サン」のエミリー・アンドリューズ王室特派員は、「車のドアを閉めるための時間を惜しまなかった公爵夫人。よくやった、メーガン妃!」と書き込んだ。

Meghan Markle waves as she leaves with Prince Harry after watching a hip hop opera performance by young people involved in the Full Effect programme at the Nottingham Academy school in Nottingham, England, Friday Dec. 1, 2017 - Sputnik 日本
メーガン妃が慈善料理本を発刊 記念昼食会でヘンリー王子がお茶目な行動【写真・動画】
「メーガン・マークルさんからインスピレーションを受けたので、今日の朝、家を出る時に私は自分でドアを閉めた!」といった意味のジョークも数多くあった。

礼儀作法の専門家、ウィリアム・ハンソン氏は、メーガン妃が自分でドアを閉めたことは儀礼違反では全くないと強調。確かに、王族メンバーのためにドアの開閉が行われるが、ハンソン氏の見解では、これは安全確保の問題であって、振る舞いやマナーの問題ではないという。

しかし、忘れてはならないのは、メーガン妃が今後違反してはならない一定の規則があるということだ。

王族のメンバーとなった今、もはやメーガン妃は自撮りをしたり、サインを配ったり、投票したり、SNSを利用したりできない。ドアに関する違反については、許されるかもしれない。

あるツイッターユーザーも、自分でドアを閉めたのは、実際にはメーガン妃が初めてではないと指摘。かつて以前、キャサリン妃もそのように振る舞った。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала