過半数の米エコノミスト、2020年の景気後退を予測

© Sputnik / Natalia Seliverstovaドル
ドル - Sputnik 日本
過半数の米エコノミストは、2020年までに米国がリセッション(景気後退)入りすると予測した。ブルームバーグが報じた。

スプートニク日本

全米企業エコノミスト協会(NABE)が調査したところ、およそ質問を受けた3分の2である56%のエコノミストが、2020年までに景気後退すると答えた。10%は、2019年中に起きると予測し、33%は21年かそれ以降だと答えた。

取引所 - Sputnik 日本
この先2年に新しい金融危機が待ち受ける 米投資企業創業者が告発
景気後退の最大のリスクに関しては約半数が一致した。

41%がリスクとして米国と他国の貿易戦争を、18%が金利上昇だと答えた。また同数の回答者が株価の急落やボラティリティ(価格変動)を挙げた。

関連ニュース

米中貿易戦争で世界危機のおそれ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала