登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

「神の粒子」名付けたノーベル物理学受賞者、レオン・レーダーマン氏が死去

© AFP 2021 / Scott OlsonУченый Леон Ледерман, лауреат Нобелевской премии по физике и автор термина "частица Бога"
Ученый Леон Ледерман, лауреат Нобелевской премии по физике и автор термина частица Бога - Sputnik 日本
フォローする
「神の粒子」の名付け親でもあるノーベル物理学賞を受賞者、レオン・レーダーマン氏が死去した。97歳。ニューヨーク・タイムズが報じた。

スプートニク日本

レーダーマン氏は1922年、ニューヨークでソ連からのユダヤ系移民家族に生まれた。1978年〜1989年にかけてフェルミ研究所の所長を務めた。

1988年にはメルヴィン・シュワーツ氏とジャック・シュタインバーガー氏と共に、ニュートリノの一種を発見したことでノーベル物理学賞を授与された。他にもウルフ賞物理学部門やエンリコ・フェルミ賞、ウィリアム・プロクター賞、ヴァネヴァー・ブッシュ賞などを受賞している。アメリカ国家科学賞も授与された。

1993年、レーダーマン氏はジャーナリストのディック・テレシーと共著でヒッグス粒子に関する本『神の粒子』(邦題『神がつくった究極の素粒子』を出版した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала